浦島太郎の随想

浦島太郎の随想 - 物理屋の妄想タイム

~記事へのコメントは歓迎です~

竜宮城で貰った玉手箱をうっかり開けてしまった浦島太郎ですが・・・その後もしぶとく生き続けてネバーランドに流れ着き、
若い人々と物理学を楽しむ日々を送っています・・・

英国の自然

  

 

 

以前、英国の文学について感想を述べたが、私のイメージの中では、英国人の文学に感じられる寒々しさや無常感は、英国の自然と結びついている。アーサー王ロビンフッドなどの伝承的な物語や、ドラマや映画にも、同じものを感じる。独特の土臭さや時間の流れである。また絵画はもちろん、彼等の音楽も、英国の自然と何らかの関係があるように思える。

 

いくつか、英国の自然の特徴を述べよう。

 

 

1.水が冷たい。

川の水は真夏でも身を切るほどの冷たさであるが、海(私は北海しか知らないが)も非常に冷たく、海水浴をする気にはなれない(している人もほとんど見たことがない)。水温が低いので、海岸に近づいても「磯の香り」がしない。

 

 

2.夏も温度が低い。

一年中コートを仕舞えない。最初に暮らした年の夏は、一体、いつになったら暑くなるのか・・・と思っていたら、8月の半ばに入ると人々が「もう秋だね」と言い出した。

まだ十分に沸いていない風呂に入れられ、温まらないうちに「もう出ろ」と言われたような気分であった。

 

 

3.平地ばかりである。

遮るものが無いため、雷が怖い。

記憶が正しければ、落雷で、毎年20名ほどが命を落としていたと思う。 

私達の住んでいたビレッジの周辺は、冬は枯れたヒースが広がる、荒涼たる荒野であった。田舎道路には街灯もない。英国で生涯を終える覚悟であったが、冬の寒い日に車で暗い道を進むときは、さすがに「こんなところで一生を終えたくない・・・」と思った。意外にも、オトメはこの光景が気に入っていたが。

 

 

4.雨が多く、何となく暗い。

英国の自然と言うと、すぐに雨や霧、曇りの日々が思い出される。

降っている時間は比較的短い。「今日は雨の日」という感覚はない。一日のうち、いつ降り始めるか、いつ終わるかである。平地のため遠くから雲の位置を目視できるので、2時間後に雨が降る、その30分後に止む、などと予測ができる。

「今日は雨だから、テニスの約束は自動的にキャンセルだな」と思っていたら、「もうすぐ晴れるからすぐ来い!」と電話がかかってきた。雨が止めば、すぐプレーできるコートなのである。

 

 

5.暗さはあるが、整然としている。

木は背が高いが、数としては日本の森林よりまばらである。

日本の樹木は低く、密集している。帰国して山々を見たとき「ブロッコリーのようだ」と感じた。 

自然は緯度が北に昇るほど、整えられた形になる。物理学的に言えば、温度が低いとエントロピーが下がり、秩序が生まれるという一般法則がある。生態学的に言えば、寒ければ植物の種類が減り、さらに日照、保水量などの追加条件で、生息域が個別に厳しく限定される。結果として棲み分けが生まれ、熱帯のジャングルのように混沌としない。

  

 

6.季節の良い晴れの日は、別世界である。

郊外はすべて、グリーン一色である。Y教授の話によると、彼の子供の頃、緑に加えて野原には、何種類もの小さい花々が咲き乱れていたそうである。

害虫駆除のため、英国全土に空中から農薬散布を大規模に行い、緑を残して花々は全滅した。半世紀経っても回復していない。

残念なことをしたものである。

 

 

 

 

余談

 

日本の自然について人々によく尋ねられたが、国土の80%は森林の山岳地帯で、平地は海岸沿いや盆地に限られている、と答えると、別に尋ねてもいないのに、多くの人々が「英国にも山がある」と言って、一か所しかない(それも山と言うより岡に近い)スキー場の話を始める。これにはY教授も含まれた。ややムキになる傾向があるので、どうも変だと思っていたが・・・

 

山が無いので、英国ではアルペン競技の選手は殆ど育たず、冬季オリンピックに国際レベルの選手団を送れない。これが大きなコンプレックスとなっているようである。

冬季オリンピックは、北の先進国のメンバーズ・クラブである。存在感を示せない彼らにとっては、南の途上国の仲間入りの感がある。

 

 

私が滞在していた当時、高齢者の多くは、親日的な人々でさえも、「戦後しばらくして、日本車が走っているのを見て『日本が車を造るまでになったのか』と驚いた」などと話していた。

 

第2次大戦の初期の時点で、すでにスピットファイヤーの性能が、ゼロ戦に後れをとっていた事実など、知られていない。 シンガポールで歴史的大敗を喫したことも、パーシバル個人の責任と考えられている。どこの国でも、都合の悪いことは、政府も学校も教えないようである。 

 

そして、これらの人々は、日本は熱帯地方にあって、雪など降るはずがないと思っていた。「雪=ハイソ」の固定観念があり、日本海側は豪雪地帯であると言うと、逆にこちらが見栄を張っていると思われる。

 

日本が冬季オリンピックの主要メンバーであることは、彼らが納得できないことの一つである。