浦島太郎の随想

浦島太郎の随想 - 物理屋の妄想タイム

~記事へのコメントは歓迎です~

竜宮城で貰った玉手箱をうっかり開けてしまった浦島太郎ですが・・・その後もしぶとく生き続けてネバーランドに流れ着き、
若い人々と物理学を楽しむ日々を送っています・・・

教員視察団(3)

 

 

 

「教員視察団(2)」から続く

 

 

・・・ 訪れた教員視察団の一行は、男性の教員だけで構成されていたような気がする。女性を一人も覚えていない。そしてこのことは、今考えると、後に起こった騒動の要因の一つかもしれない・・・

  

 

視察団の構成

 

学生寮のあとは、キャンパス内の生活ゾーンを中心に案内した。講義室や図書館などは日本の大学とそれほど変わらないので必要ないと判断した。生活ゾーンでは、学生のキャンティーンとスーパーのほか、書籍・文具類などの幾つかの店舗、銀行の支店、郵便局が並ぶ。そして、別の記事で紹介したように、中心にディスコを兼ねるパブがある。

 

さらに、キャンパスの外周に出て、湖水のほとりを1/4周ほど回ると、美術館をかねる強化ガラス張りの素晴らしいキャンティーンがある。そこを紹介したかったが、メンバーには高齢者が多く、やや歩き疲れていたようなので、遠くから眺めただけで引き返した。

 

 

帰り道、歩きながら、コンダクターと小声で話をした。

 

彼の勤める旅行社は毎年、この教員視察団の世話をしているそうである。各都道府県から1名ずつ、文部省がメンバーを選考する。大都市圏を有する自治体からは、複数名だったかもしれない。若い教員も少しずつ増えてはいるが、選ばれるのは殆ど、定年直前の教員だそうである。

 

選ばれた人々は、幾つかのグループに分かれて、1か月ほどヨーロッパの各地を回り、地元の教員と交流する。

大学の視察は一か所だけで、主に高校レベルの教育現場が対象である。彼らは前日に、地元の学校を何校か訪問していた。

 

 

「1か月のヨーロッパ旅行となると、その費用は大変なものですね」と話を向けると、

「それだけのお金をかけて、定年の直前に視察しても、意味ないですよね」と苦笑しながら、彼は苦労話を打ち明けた。

 

渡航経験のない老人ばかりの引率は大変である。その前年には、経由したモスクワ空港を離陸した直後に、大騒ぎになった。

最長老の先生が、乗船していなかったのである。

 

その先生とは、最初からコミュニケーションでかなり苦労していた。耳が遠かったのであるが、それだけではなかった・・・と言っていた。

歩行もやや困難であったので、かなり注意してゲートを通過したことを確認したが、なぜかモスクワに残っていた。当時は、ソビエト連邦の時代であった・・・

 

 

予定を30分ほどオーバーして、私は役を終えて別れを告げた。コンダクターは、私に深々と頭を下げ、礼を述べた。

 

 

研究室に戻って1時間ほどすると、秘書さんがドアをノックし、私に電話がかかっている、と告げた。今しがた別れたばかりの、コンダクター氏からであった。

 

 

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

教員視察団(2)

 

 

 

前回、このシリーズを書き始める経緯を少し書いたが・・・

 

今回が話の始まりである。

 

 

ある依頼

 

英国の研究員時代のことである。

 

日本から高校教員の一行が、視察団として訪れるので、その案内役を務めて欲しい、という依頼が大学の事務局からあった。大学としても初めてのことであり、他に適当な日本人がいない、ということなので、快く引き受けた。

 

丁度、夏休みに入ったところで、学生は帰省を始め、多くは残っていなかったが、キャンパスや学内施設、講義室などを1時間ほど案内し、適宜質問に答えれば良い、ということである。研究活動の様子については、現場の邪魔にならないように、可能な範囲の案内で、ということであった。

 

それほど大きな集団ではなかった。15人ほどであったと記憶する。一行には、英語が堪能な日本人のツアーコンダクターが随行していた。 

 

 

 

「英国の学生寮は・・・!」

 

一時間ほど、ということであったので、そう多くは案内出来ない。日本の大学と異なるところを中心に紹介しようと考え、最初に、キャンパス内に多数ある、学生寮を案内した。寮は英国の学生生活を知る上で、恰好の場所と思ったからである。

 

この大学の特徴であるが、キャンパス内には、遠くから見るとピラミッド型に見える面白いデザインの学生寮の棟が、数多く建てられていた。芝生の中に窓のついた三角棟が幾つも見えるのは、楽しく、壮観である。

 

 

そのピラミッドの一つに入り、まず共同キッチンを案内した。

 

私の知る範囲では、学生寮のキッチンの造りは、ヨーロッパの大学でほぼ共通している。すべての階にあり、7~8人でシェアする。広々としたスペースに、2つの大きな共用の冷蔵庫と、大きなダイニングテーブルが置かれ、少し離れてソファーとテレビがある。ここは調理室と食事室、そして社交の場を兼ねている。寮は自主管理ではなく、毎日クリーニングサービスが入り、清潔に保たれている(学生の居室も週に一度の割合で掃除される)。

 

設備は、何人もの人が同時に使えるように作られている。自分の食品は、個人の名前を書いた大型タッパウェアーに入れて、冷蔵庫に保管する。ここで各国の学生は、自国の料理を披露したり、調理法の情報交換を行う。アルコールは禁止で、食後はコーヒーを飲みながらバカ話をしたり、真面目に各国の事情を紹介し合ったりする。

 

留学生の多い英国では、学生寮は若者同士の国際交流に大いに・・・

 

 

 

・・・妙に騒がしかった。 振り返ると、誰も聞いていない。

 

 

教員の集団は、ほぼ全員が反対方向を向き、互いに私語を交わしている。廊下を行き交う女子学生のホットパンツや、髪をブルーやピンクに染めたパンク・ルックに目を奪われていた。

談笑しながら男女の集団が通り過ぎ、そのうちの2人が軽くキスを交わすのを見ると、彼等は口々に「英国の学生寮は、男女別々ではないのか!」・・・と驚きの声を上げた。

 

 

学生の部屋についても説明しようと思っていたが、話が面倒な方向に向かいそうなので、早々に寮を出て次に向かうことにした。

 

男女別々どころか、最上階は、カップルのための居室であった・・・

 

 

これを書きながら、今思い出したのであるが、訪れた教員視察団の一行は、男性の教員だけで構成されていたような気がする。女性を一人も覚えていない。

そしてこのことは、今考えると、後に起こった騒動の要因の一つかもしれない。

 

 

(続く)

 

 

教員視察団(1)

 

 

 

 序章

 

「思い出し笑い」というのがある。

 

私はこれを、しばしばやってしまう。電車の中、あるいは歩行中・・・

見た人は不気味に感じると思うが・・・

 

 

そして私はもう一つ、「思い出し怒り」というのをよくやる。

 

前回の記事のように、まだ頭から湯気が出ている間は別として、昔のことを思い出す場合は、悲しみの比率が大きくなる。

 

笑ったり、怒ったり、悲しんだり・・・大変忙しい。 

 

物理屋は常に冷静で、論理的な人々である、と想像する人が多いかもしれない。

私自身も、そうありたいと常々思っているが・・・

残念ながら、私は修行が足りない。

 

 

 

わざわざ思い出してまで、何度も怒るヘキがあるくせに、嫌なことや、自分に都合の悪いことは、忘れてしまう場合が結構ある。

 

どうも無意識に、自分の意思でコントロールしているようだ。

「無意識に自分の意思で」というのは自己矛盾だが・・・

なかなか、表現のしようがない。

  

 

自分でも不思議であるが、心から忘れたいと思っていると、何年かして、本当に思い出せなくなっていることがある。

 

都合の悪いことは、「やばいな」と思っただけで、簡単に忘れる。

 

自分に嘘をついているのであれば、物理屋失格であるので、そうではないと信ずる。

選択的記憶喪失である。 オトメに言わせると、「神業に近いレベル」らしい。

 

過去に、何か重大な犯罪を犯しており、今は全く忘れて生活している、という可能性も、ひょっとしたらあるかもしれない。そのような恐怖が潜在意識にあるのだろう。自分が犯罪を犯していたことを思い出す、という夢を、最近ときどき見る。

 

 

 

 

それでも、折角忘れかけていたことを、何かの拍子のフラッシュバックで、次々に思い出すことがある。

 

「英国滞在記」のカテゴリーに記事を書きながら、そのようなことが一つ出て来たので、「晴れ、ときどき怒り・・・」に投稿することにした。なるべく記事を増やさない方針のカテゴリーであったが・・・

 

かなり忘れているので、思い出しながらゆっくり書いて行こうと思っている。

 

最初のうちは他愛もない話であり、比較的良く覚えている。修羅場になると、覚えていることが少ないので、リアルに書けないかもしれない。書きながら思い出すかもしれないが・・・

 

悲しい話は後半だけである。気楽に読んでいただければと思う。

今回は、お知らせまで。

 

 

(続く) 

 

2018年6月26日

 

 

 artart1982さん、grazieatuttiさん、meikellogさん、bollaさん、記事への御興味有難うございます。サッカー観戦で寝不足気味ですが・・・

 

 

・ 「英国の鳥(4)」を投稿しました。 

 

 

・ ひと口笑い話: 本当の理由2

  

  サッカーの試合を見ながら、妻が「PK」を「PKO」と言った。 

 

  「PKを」と言ったと主張しているが、最近このようなことが増えている・・・

 

 

 

 

  

 

英国の鳥(4)

 

 

前回は、キャンパスの池に住むアヒルの行動について書いた。ゲストハウスの住人が餌付けを始めたため、毎朝、湖水からアヒルが行儀良く、列を成してやって来た、という話であるが・・・

 

 

カモメのホバリング

 

ヒルだけではなかった。

間もなく、湖水からは、カモメもやってくるようになった。

 

カモメもまた、行儀が良い。

彼らは羽ばたきながら、ホバリングして停止し、空中に長い列を作る。先頭のカモメの鼻先にパンを放り投げると、ひょいと飛びついて口にくわえ、そのまま飛び去って列の後尾に付く。

 

驚くべきは次の瞬間である。2番手の者が先頭の位置に、シュン! と瞬間移動し、ピタリと停止する。そして同じことが次々と後続に、連鎖反応のように起こる。

その速さは驚くべきである。最後尾のカモメが移動するまでの時間はわずかで、列全体が瞬時に移動する。

 

見事な空中ショーに、子供たちは喜んでパンを放り投げた。先頭のカモメは、投げる位置が悪くても、取り損なうことは滅多にない。たまに取り損なっても、地面に落ちたパン屑を拾い上げるか、見失えばそのまま後ろに飛び去る。残っていた数羽のアヒルが、おこぼれを拾うこともあった(アヒルとカモメの時間帯は、わずかにオーバラップしていた)。

 

長屋の全世帯が餌付けに参加していたので、食料は十分にあった。1軒の家でパンが終了すると、隣の家の窓で住人が待ち受けており、列全体が瞬時にそちらに移動する。列は長かったが、それぞれが3回ほど餌にありつけた。

 

 

「カモメの水兵さん」という童謡がある。

 

   並んだ水兵さん 駆け足水兵さん 仲良し水兵さん  ・・・

 

という歌詞が歌われているが、この歌詞は、私たちが見たような、統制された集団の動きを描いたのであろうか?

 

それとも、これは他の鳥と同様に、英国のカモメに特有の行動なのであろうか・・・?  

 

知っている方がおられたら、教えて頂きたいと思っている。

 

 

 

白鳥とアヒル

 

そして最後に、湖水のセレブたる白鳥もやって来た。

 

白鳥は頻繁に見かけたわけではない。数がそれほど多くない。数羽しか泳いでいない日も、全く姿を見ない日もあった。

 

遠くから眺める湖水の白鳥は優雅であるが、近くで見ると、そうでもない。

大型で重量感があり、下の方の羽は、かなり泥で汚れている。

 

地上を歩くと黄色い大きな水かきの足が見える。上半身をドレスアップした美人が、作業ズボンと黄色いゴム長を履いているようで、やや興醒めである。

 

そして、行儀よく並んで食べているアヒルの列に、当然のように割り込んでくる。

ヒルは大人しく餌場を譲り、白鳥が去るまで待った。

 

セレブはこのようなものかもしれない。人間社会の縮図を見た気がした。

 

住民の多くは、白鳥がやってくると、パンをやらなくなる。白鳥は地上に散らばっていた屑を少し口に入れ、間もなく去って行った。その後、彼らは来なくなった。

  

 

 

余談

 

現実の白鳥にはやや幻滅したが、私は白鳥を主人公とした「醜いアヒルの子」というアンデルセンの童話が好きである。こちらは、アヒルが白鳥の子を苛めていた、という話から始まっているが・・・

 

カメが言葉を覚え始めたころ、「ストーリーテラー」という童話の朗読集のカセットテープを買い、オトメの英語学習もかねて、3人で良く聴いていた。 

英国は児童文学を大切にする国である。このとき、ほぼ原作に忠実な形で、この物語に接することになった。

 

 

周囲の者と違っているため、家族から苛められて追い出され、自分と同じ白鳥の仲間に出会うまで、様々な場所を転々とする。

 

ようやく飼い主を得るが、ネズミも捕れず、卵も産めない。猫やニワトリから、役立たずと迫害された上、告げ口により罪を着せられ、飼い主に追い出される。 

 

やがて冬が過ぎ、羽が生え代わり、立派な姿になった時、彼の姿を見とめた白鳥の集団から、使者がやって来て、ぜひ仲間に加わって欲しい、と丁重に迎えられる。 

 

 

人々に蔑まれながらも自分を信じて資質を磨き、やがて一流の文化人が集うメンデルスゾーンのサロンに招かれ、多くの文豪や芸術家と交流するようになった。

 

この作品は、その数年後に発表された。作者の人生が投影された傑作である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年6月23日

 

 

 

・ひと口笑い話: 本当の理由1

 

 

サッカーの試合を見ながら、妻が「メッシ」を「サッシ」と呼んだ。

 

「メ」と「サ」の言い違えと主張しているが・・・

 

 

 

メッシ → メッシュ → 網の目 → 網戸 → サッシ

 

これだ!

 

 

  

 

2018年6月21日

 

 

 ・「英国の鳥(3)」を投稿しました。

 

 

・ひと口笑い話: ミニ言語学22

 

   英語      日本語(古文)

   come                          来む

 

  責任は持ちませんが・・・