浦島太郎の随想

浦島太郎の随想 - 物理屋の妄想タイム

~記事へのコメントは歓迎です~

竜宮城で貰った玉手箱をうっかり開けてしまった浦島太郎ですが・・・その後もしぶとく生き続けてネバーランドに流れ着き、
若い人々と物理学を楽しむ日々を送っています・・・

言葉の重要性1

 

 

 

最近のテレビ番組で、RST(リーディング・スキル・テスト)という読解力調査のことを知った。国立情報学研究所の新井紀子教授により進められたプロジェクトである。

 

検索 したところ、昨年中にすでに発表されていた。物議を醸したようだが、私は知らなかった。「はてなブログ」では、東京百舌さんが詳しく書かれている。

 

「子供教育の注意事項」のシリーズで、いつか言葉の問題について書こうと思っていたので、この機会に少し書かせていただこう。RSTについてのこれまでの経緯は殆ど承知していないが、反論やコメントに対しては、誠実にお答えしたい。

 

 

調査で用いられた文章

 

RSTは中高生を主な対象としているが、社会人も被験者になっている。かなり広い年齢層をカバーしており、その調査結果は、「日本人が日本語を正しく読めていない」というものである。

 

新井氏はAI(人工知能)の専門家で、調査はその研究の一環のようである。米国の番組「TED」にも登場し、素晴らしいプレゼンテーションをしておられた(東京百舌さんの記事に動画が埋め込んである)。

 

まず、テレビの番組でも紹介されていた問題文の例を示そう:

 

 

例1 「メジャーリーグの選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身の選手である

    が、その出身国を見ると、ドミニカ共和国が最も多く、およそ35%である」

 

設問は、ドミニカ出身の選手が「メジャーリーガーの28%の中の、さらに35%である」ことを理解したかどうかで、正解者は中学生で12%、高校生で28%弱であった。

  

 

例2 「アミラーゼという酵素グルコースがつながってできたデンプンを分解する

    が、同じグルコースからできていても、形が違うセルロースは分解できない」

 

設問は、

 

    「セルロースは(     )と形が違う」

 

という穴埋めを、4択で選ばせている。私の訪れたサイトでは正答率が出ていなかったが、新聞社の論説委員から経産省の官僚までが、なぜか「デンプン」ではなく、「グルコース」を選んだそうである。 

 

  

 

不適切なツイート

 

 この調査結果に今さら驚いたわけではない。この程度は30年も前から、私が職場で経験していた。これが特別でなかったことを確認したにすぎない。 

 

 

失望したのは、「問題文が不適切である」とツイートする人々が目立ったことである。

 

「こんなの、わかんなくて当たり前だろ」

「こんな風に書く方が悪いよ」

 

・・・と素朴に感情を呟くのは可愛げがある。

 

が、「書き方を変えれば読み違えは起きない」などと物知り顔の主張には、驚きを禁じ得ない。「読解力の調査」をしているのである。論理的に正しくても意味の無い主張がある。議論は何を問題にするのかが、つまりwhat が重要である。

 

特定の問題文を取り上げて、解答が一意的に導かれない、と厳密に「論証」しようとする人まで現れた

 

私は常識という言葉は好まないが、普通に読めば、誤解の余地の無い文章であることは明らかである。文章は、読み手が合理的な判断をすることを前提に書かれるものである。

 

読み違いは誰にでもあるので、自分にとって重要でない文章を読み違えても、さして気にする必要はない。しかし率直に言って、これらを注意深く読んでも、正しく情報を読み取れないならば、少なくとも科学技術の分野では仕事ができない。科学技術に限らず、どの世界でも、責任ある立場で仕事をすることは難しいと予想する。

 

仕事上の文章は、正確さと同時に、簡潔さも要求される。学生時代の教科書に始まり、私たちが読む文章が、調査に使われた問題文より明快であることは望めない。

例えば、例2の問題文は、理科の教科書から採ったと思われるが、教科書の執筆にはかなりの人数が関わっており、いずれも一流の研究者である。これで情報を正しく受け取れなければ、学習すらできない。解答が一意的に導かれない、と厳密に論証しても、全く意味がない。

 

  

 

新井教授の分析と私の疑問

 

この調査を行った新井教授の本来の目的は、AIの研究なのであろう。調査結果についても、「人々がAIと同様の読み方をしている」と分析して、AIと比較した例を挙げておられた。 そして、AIと同様の思考しかできない人々は、近い将来、AIが職場に進出すれば職を失う、と警鐘を鳴らす。 

 

新井氏が述べておられることは、私が上にストレートに書いた内容と基本的に同じと思える。単に表現を和らげるために、AIを引き合いに出しておられるのか・・・とすら考えてしまった(これは私の思い過ごしであろうか?)。

 

 

新井氏の分析は、AIを〇〇と置き替えても、内容が変わらない。

〇〇には、任意の不適切用語を入れることができる。

 

「〇〇と同じ仕事しか出来ない人は、近い将来、仕事を失う」と述べておられるが・・・

 

「〇〇=AIでなければ(つまり安価で労働市場に進出して来なければ)心配ない」という問題ではない。

 

 

私は、「問題文を読み違えた人々は〇〇である」と示唆しているのではない。

結果の一致は必ずしも原因の一致を意味しない。

人がAIと同様な解答をしているからと言って、脳がAIと同様の働き方をしているとは限らない(私には、それは不可能に思える)。

また、仮に人々の脳が結果的にAIと同様の働きをするに至ったとしても、AIの研究でその原因がわかるわけではないので、原因については、別途考えなければならない。

 

 

 

真の原因はどこに?

 

原因について新井氏は「スマホ検索により、人々がAIと同じ読み方をするようになったため」と指摘しておられる(AIの文章読解は検索システムと同じアルゴリズムを使用している)。したがって、 「これは日本だけの問題ではない」と強調しておられた。

 

他の国々での調査結果を待ちたいが、私は今のところ、これに同意しない。私はスマホやPCが普及する以前から、若者の言語能力を憂慮していた。これには日本特有の部分が大きいと感じている。    

 

読み違えが多いという事実は、無意味なツイートが多いことと、原因が共通する。どちらも、「何の話か」に重心を置いていないために、全体像を見失っている。

 

これらの点については、私は今まで、色々なところで書いて来た。論語読みの論語知らずや苦悶式が容易に普及する、日本社会に独特な背景である(「子供教育の注意事項」シリーズの(6)(8)、とくに(9)など)。 

教育現場で暮らした私の観察では、日本に特有な誤解の主因は「whatに関する無関心」である。そして、それによって派生する「意味を考えずに読む習慣」である。

  

例2はその典型である。話を進める前に、もう一度、文章を書いておこう:

 

  「アミラーゼという酵素グルコースがつながってできたデンプンを分解する

   が、同じグルコースからできていても、形が違うセルロースは分解できない」

 

 

(1)whatに関する無関心

 

まずこの文章が、「何の話」をしているかであるが、ここでは「消化酵素が分解できる栄養素はそれぞれ異なる」ということである。これをわきまえた上で、問題文を

 

  「※※※は・・・¥¥¥を分解するが・・・$$$は分解できない」

 

と読めば、「$$$は(   )と違う」という穴埋め問題には、〇〇でも答えられる。素人考えではあるが、この程度の読解能力は単純な論理判断であるので、現在でもAIに組み込めると、私は思う(近い分野を専攻する友人によると、初期の人工知能には、このような論理判断は組み込まれていたということである)。   

 

 

(2)意味を考えずに読む習慣

 

次に、誤解をした解答者が「意味を考えて読んでいるか」であるが、この問題文は、分子構造の概念を持たなくても意味が理解できるように書かれている。予備知識の不足ではなく、栄養物質の成り立ちにも消化のメカニズムにも関心を持たないために、誤解が起こるのである。

 

自分の人生に関係ない文章を、関心を持って読め、と言っても難しいかもしれないが、新しい知識に接する際に、「へえ、そうなのか」という小さな感動は大切である。

 

 「アミラーゼという酵素・・・     へえ、そんな名前の酵素があるのか・・・

 

 「グルコースという物質が繋がって出来たデンプン・・・

                   ふーん、デンプンはそんな構造なのか・・・

 

 「アミラーゼは・・・デンプンを分解する・・・ 

            そういう酵素なんだ・・・きっと、グルコースに分解するんだな・・・

 

 「同じグルコースから出来ていても・・・セルロースは・・・

                    へえ、セルロースはデンプンと似てるんだ・・・

 

 「・・・ても、形が違う・・・    ん? グルコースの繋がり方が違うのかな・・・

 

 「アミラーゼ・・・は・・・セルロースを分解できない・・・

                       ・・・繋がり方が違うと分解できないんだな・・・

 

 

短い文章でも、読むときには、ほぼ無意識にこの程度の思考が並走するはずである。読むということは、このような同時進行の思考過程を含む行為である。これ無くしては、人の言葉は理解できない。要するに、「読み違えた」のではなく、「読んでいない」のである。

 

知的好奇心、などというと大袈裟だが、what に焦点を合わせる習慣を失うと、日常の小さな好奇心は失われ、意味を考えながら文章を読むことをしなくなる。

 

 

 

AIは(今のところ)意味を考えることはできないようなので、その点では、私の言っていることは、単に新井氏の分析を解説したに過ぎないかもしれない。

 

次回から、私の体験談を紹介しながら、もう少し考えてみたい。

 

 

(続く)

 

2018年7月19日

 

 

 ・「教員視察団」のシリーズは、最終回を投稿しました。

  次回から、言葉の問題を少し考えようと思います。

 

 

・  ひと口笑い話: 諺をよく考えよう9

 

 

       ✕ 「下衆の勘ぐり」

 

    〇 「guessの勘ぐり」

 

 

      ・・・ ミニ言語学のススメ

 

教員視察団(10)

 

  

教員視察団(9)」から続く 

 

 

戦後の名残り

 

冷静に考えてみると、視察団の多くの人々は、青年期を戦前の時代に過ごしている。大正末期から昭和一桁の世代である。

この時代、失われた日々に悔いを残した人は多いはずだ。英語の勉強なども許されず、それを取り戻す時間もなかったかもしれない。

 

戦争が終わっても、社会がすべて変わった訳ではない。その後も混乱は続いた。

価値観の再構築は、そう簡単に進むことではない。社会制度にも人々の考え方にも、独特の歪みがあることを、私は子供時代から感じていた。

 

国を離れて忘れていたこの感覚が、学生寮を案内した際の人々の反応に接し、再び戻ってきた。

 

 

大学紛争が終息して何年か経過してからであるが・・・

 

順調な立ち上がりを見せていた戦後の中等教育に、歪みがはっきりと、姿を現し始めた。 

「不純異性交際」など、私としては顔をしかめたくなるような陰湿な用語が、教育現場で頻繁に使われるようになった。 

男子生徒の丸刈りや女子生徒のスカート丈の強制など、様々な校則も同様である。これらには、学校を統制の場と見做す戦前の考え方が、執念深く復活していた。

 

 

一度マインドコントロールを受けた者は、そこから逃れることが難しい。

社会の至る所で過去の亡霊が彷徨いはじめ、人々を惑わし、本来の目的を見失わせていた。

 

正体不明の閉塞感を感じつつも規制のための規制、統制のための統制に向かう人々が増えて行った。正体は判っていたのかもしれない。小さな権力の行使に心の満足を見出す人々の補償感情を、亡霊たちは巧みに利用した。

 

教員視察団が男性だけで構成された経緯は解らないが、このような不自然な統制は、要因の一つになっていた気がする。

女性教員が何割か混じっていれば、ずっと自然な交流になっていたのではないか。

 

 

  

あるときY教授が、

 「前から気になっていた事なんだが・・・

  今まで何度か、日本人に日本人を紹介したことがあるけれど、誰も喜んでいな

  かった気がする。確信はないのだが・・・率直なところ、どうなのだろう?」

 

と私に聞いた。Y夫人も、

 「パリで日本人の観光客同士がすれ違ったのを見たけど、手を上げて挨拶するか

  と思ったら、互いに顔をそむけたのよ」  

 

と加わった。

 「外国でイギリス人に会ったら、私たちは必ず挨拶するけど・・・」

 

 

海外の生活に、日本の社会を持ち込みたくないのだ。

心の自由を取り戻せる、唯一の機会なのである。

 

  

 

後悔

 

どうにもならなかった・・・という思いと、もう少し有意義な方向に導けなかったものか・・・という思いが、その後長く、複雑に交錯し続けた。

 

 

オトメは、「緊張感はあった」と言いながらも、当人達の自制を見事に引出した。

笑うしかない」と言っていた意味が、ようやく解ってきた。

 

ミスキャストは彼女ではなく、私の方だった。 

当時の私はマイナス思考の要素が強く、自分のことに精一杯の若者であった。

要所を締めつつ柔軟に構え、プラスの自発性を引き出す人間力はなかった。

 

 

私なりの正攻法はあり得た。

思い返せば、最初の失敗は、学生寮を案内した時である。

 

すでに解っていた。どこに問題があるのか。

 

世界の若い人々が、厳しい中でもいかに自由であるか・・・

いかに人間らしい生活を送っているか・・・

それを庇護し、支援する精神が、社会に根付いている。

 

ヨーロッパの学生も 途上国の留学生も

どの国の人々も 自然に行っている、普通の人間的交流・・・

それが、私達には難しい。

 

 

最初に学生寮を案内したのは、それを見せたかったからではないか。

「話が面倒な方向に向かいそうだ」などと、逃げてはいけない場面だった。

 

最初のリアクションに失望し、簡単に放り出してしまった。

むしろ良い機会だったのだ。

学生生活を丁寧に紹介し、パーティでも話題にしていれば、彼等の心の受け皿となり、実りある交流に発展させられたかもしれない。

 

それが私の役割だった。

 

コンダクター氏には、申し訳ないことをした。

  

 

 

封印の時  

 

怒れる若者達に続く世代であった私も、当時の視察団の年齢をとうに超えた。

時代は大きく変わり、人々は過去の歪みから自由になりつつある。

 

今や、この国の国際的な信用度は高く、文化的な影響力は大きい。

 

和平の活動をはじめとする国際的な貢献はもとより、市民レベルでの信頼感が大きい。東北大震災に見た人々の助け合いや、サッカーのサポーターのマナーが、世界から称賛されている。

 

震災では、旧共産圏の国の若い夫婦が「これだけしか出せなくて大変申し訳ない」と言いながら、2か月分の収入を義援金に差し出してくれたことが、ニュースで報じられた。ヨーロッパで財布もパスポートも失くし、困っていたとき、「お前は日本人か?なら助けてやるぞ!」と言われ、大使館まで送ってくれた。大使館では、すでに私のバッグが、財布もそのままに届けられていた。

 

多くの人々が、この国の人々、社会、文化に惹かれてやって来る。世界が日本化しつつある、とすら思える。

  

今の時代には今の課題があるが、同じような場面に遭遇することはないであろう。私が見たものは、戦後の混乱の最後の名残りだったのかもしれない。

  

記憶がよみがえり、思わず吐露してしまったが・・・玉手箱やパンドラの箱のように、開けない方が良いものもある。私の神業的な記憶喪失力を呼び覚まし、これを再び封印できるか、試みてみよう。

  

 

(完)

教員視察団(9)

 

 

 

教員視察団(8)」から続く

 

私は急いで彼女の後を追い、「すぐに帰るから、私が席を立ったら行動を共に出来るように、準備していて欲しい」と耳打ちした・・・

 

 

廃炉処理

 

遠くからこれを見て、コンダクターが飛んできた。

 

  「すみません、浦島さん! もう少し、もう少しだけ、辛抱してください!

   ここまでになるとは、私も予想していませんでした・・・

   本当に・・・本当に、申し訳ありません!」

  

                   ・

                   ・

                   ・

 

 

憮然として席に戻ると、男は待ちかまえていて、こう言った。

 

    「ウラシマさん、こちらの女性に、私が今夜、ベッドに招待したい

     と思っている、と伝えて貰えませんか?」

 

 

 

オトメのように瞬殺の技はない。鈍器で何度も殴りつけるような方法しか思いつかない。最初にどこを叩けばよいか・・・

 

そのままを隣の女性に伝え、そこでパーティを完全に終わらせてはどうか?

少なくとも両隣の2人と、女性の夫は退席する。私とオトメも、一緒に退席すればよい・・・

 

                   ・

                   ・

                   ・

 

気を取り直して、思考停止の頭を何とか再起動させ、一言ずつゆっくりと、声が通るように言った。

 

 「そうですか・・・こちらの女性を、あなたのベッドに御招待したいのですね?

  あなたも、英語の勉強はしたことがあるでしょうから、その程度の内容なら、

  御自分で伝えられるのではありませんか? 御自分で、ベッドに招待したい、

  と言って御覧なさい」

 

周囲が静かになった。喧騒の中でも、一定数の日本人に聞こえたようである。聞こえないように言えば、この男は本当にやったかもしれないが。

 

左右には決して目を向けなかった。隣の女性を巻き込まないことを選択したのである。

メルトダウンを起こしたからには、廃炉処理をしなければならない。汚染物質を撒き散らさないためには、私とその男との、個人的な揉め事に見せるしかなかった。 

 

腕を組み、真正面から睨み据えた。

周囲に味方がいないことを悟り、声を落として「自分も交流のために一生懸命やっているのだ・・・」などと言い訳を始めたが、決して目を逸らさず、一切の発言を封じた。

両隣の英国人も、もはや私達に話しかけなかった。

 

 

 

 

何を食したか・・・何を飲んだか・・・

一つも覚えていない。

 

もしかしたら、私たちが招待されたのは、彼らを見張り、囲い込む為だったのか?

あまりにも、ロケーションがピンポイントである。

 

散会のとき、コンダクター氏は、人前で詫びの言葉もかなわず、ひたすら頭を下げるだけであった。本当に、気の毒な仕事である。

 

 

ほぼ1か月後、帰国した英語教員と社会科教員の2人から、手紙が届いた。ヨーロッパの残りの日程では、視察は順調で実り多いものとなった、ということである。やや救われた気持ちになった。

  

 (続く)

教員視察団(8)

 

 

 

教員視察団(7)」から続く

 

 

 

メルトダウン

 

会が進むにつれて、他の場所でも、程度の差はあれ、同じような状況が始まっていた。英語は殆ど聞かれず、大声の日本語が飛び交うようになっていた。

 

外国語のため、話の内容は解らないが、余りにも喧騒がひどい。

普通のパーティではなくなりつつある。「金曜日のパブ」の比ではない・・・

どのテーブルでも、英国の人々の表情には、はっきりと困惑が見て取れた。

 

恐らく司会の英語教員も、大いに苦労していたであろう。彼は会場の中央付近で、立ち上がって幾つものグループを仕切っていた。聞こえていた英語は、彼の声だけである。むしろ、心配していたオトメの周辺が、最も落ち着いたスポットであった。

 

私は他のグループまで気を配る余裕はなかった。男の行動はさらにエスカレートし、抑え抱えが効かなくなっていたのである。

卑猥な言葉をチラつかせるのは最初からであったが、その頻度が増し、「〇〇〇〇は英語で何というのか、隣の女性に聞いてみろ」「英国人も、××の時はやっぱり※※するのか?」など、聞くに堪えない言葉を連発していた。私は、叱責に近い言葉を混えて、何とか彼を黙らせようと、必死であった。

 

理科教員はどうしたのか?話に参加したくないのは仕方がないが、彼は最年長である。男をたしなめる立場ではないか。一体、何を・・・

 

 

椅子を少し離れた壁際に移動し、私の視界から消えていた彼に目を遣り、思わず声を上げそうになって、反射的に顔をそむけた。

無表情な彼の目は虚空の一点を見つめて静止し、完全に別世界にいた。

オトメの警告は、これだった。

同じ話を繰り返した時に気付くべきだった。最初から、どことなく目の焦点が合っていないとは思っていたが・・・

 

社会科教員は腕を組み、下を向く場面が増えた。時々、申し訳なさそうに、上目使いで私を見上げた。

 

 

もはや我慢の限界、と感じた時、オトメが洗面所に立ったのを目にした。

 

私は急いで彼女の後を追い、「すぐに帰るから、私が席を立ったら行動を共に出来るように、準備していて欲しい」と耳打ちした・・・

  

 

(続く)

 

2018年7月12日

 

 

 

・「教員視察団(7)」を投稿しました 

 

 

・ ひと口笑い話: 諺を良く考えよう8

 

   ? 「大は小を兼ねる」

 

     金持ちは貧乏人を兼ねる

     老人は若者を兼ねる

     大学は小学校を兼ねる

         

         ・

         ・

         ・

 

   忠告:特殊な場合に成り立つ公式を一般化してはいけません

 

 

 

教員視察団(7)

 

 

 「教員視察団(6)」から続く

 

 

正面の男

 

校長の長い演説が終わり、ようやく通常のパーティに移った・・・

が、危機はそれからだった。

 

私は両隣の英国人と楽しく会話し、向かい側の教員にも、できるだけ通訳した。

物理が趣味と語った地元の男性教員は、インド哲学と妙に符合する現代宇宙論など、私とも少し話したが、あまりそれには踏み込まず、主に職場での苦労などを人々に紹介してくれた。

 

彼の職場は、治癒する見込みのない難病の子供たちの施設であった。とくに英国では筋ジストロフィーの子供たちが多く、最大の努力を傾けて学習を助けても、多くは20歳前後で他界してしまう・・・という、シリアスな話であった。

 

オトメが「要注意」とした理科教員は、「自分の勤務校は大学と近いので、大学の人と共同研究をしている」とだけ述べた。研究の内容には言及せず、時間帯などの細かい話をした。時を置いて、勤務先の学校の様子などを聞いてみたが、何を聞いてもその都度、「大学に近いので共同研究をしている」と完全に同じ話を繰り返した。さすがにむっとしたが、話に加わる気が無い以上、放っておくしかない。

 

社会科の教員は熱心に耳を傾け、話に参加した。彼は通訳不要で、殆どの会話の内容を聞き取れていた。自分から話すことを試みたが、やや時間がかかり、遠慮してすぐ聞き役に回った。

 

 

問題はやはり、正面の男である。彼は最初から、話の内容や場の雰囲気に不快感を示していた。そして、時間の経過にともない、苛立ちを強めて行った。酒量が非常に多く、教育関係の話を嫌い、話題を変えようと、しきりに仕掛けてきた。 

 

話題を変えるというより、彼はパーティそのものを変えたがっていた。彼は日本式の宴会、つまりは「無礼講」を期待しており、それを始める機会を伺っていた。

日本ならそろそろ・・・という時間になっても、一向にその気配がない。

 

「このつまらんおしゃべりを、いつまで続けるのだ?」と言いたげな表情である。私たちは教育の話から、パーティ向きの会話に移っていたが、彼は脈絡なく様々な言葉を唐突に口にして割り込み、私に通訳を要求した。

 

彼の口にする言葉は、あまりにも「不適切」で伝える訳にはいかなかった。私は通訳に徹して、場を仕切らないつもりでいたが、そうも行かなくなり、彼を無視するしかなくなった。

 

ついに彼は、こんなパーティは何も面白くない、これは自分たちが招待しているのだから、日本流でやるのが当然である、今日はそれを見せてやるのだ、それでこそ国際交流ではないか・・・と言って、席の遠い日本人を相手に、下ネタ話を声高に始めるようになった。 

 

 (続く)