浦島太郎の随想

浦島太郎の随想 - 物理屋の妄想タイム

~記事へのコメントは歓迎です~

竜宮城で貰った玉手箱をうっかり開けてしまった浦島太郎ですが・・・その後もしぶとく生き続けてネバーランドに流れ着き、
若い人々と物理学を楽しむ日々を送っています・・・

ヒトと集団3 ー オトメの場合(後編2)

 

 

 

 前回の記事に書いたように、オトメが属した会の人々のうち、何人かは、活動の方向性を広げ、会以外の人々と接点を持つ機会も、次第に増えて行った。

 

 

そして・・・ 

 

ある日オトメは、古くからの年長メンバー2人の会話を、偶然に立ち聞きした。

 

   「最近はつまらないわ・・・政治の話をする機会もないし」

 

   「ほんと・・・盛り上がらないわね・・・」  

 

もちろん、オトメの出現ばかりが原因ではなかったであろう。月日は流れており、人々の転勤や退職など、様々な状況変化があった。子供たちも成長して家族連れの遠足の機会は減り、それぞれが多忙になる中で、勉強会も開かれなくなった。会の活動が下火になって行ったのも、自然の成り行きが大きい。

 

メンバー同士の個人的な交流は続いていたが、やや疎遠になった人もいる。かつては新任教官が来れば、すぐさま勧誘に動いたが、これも行われなくなり、新メンバーの参加も無くなっていた。

 

 

さらに月日が流れたある日、私とオトメは、成長した昔の生徒の1人が、母親と2人で買い物をしている姿を目にした。母親は、かつて「どこへ御嫁に行くの?」と人々をからかっていた人である。子供(女の子)はオトメにピアノを習っていたが、その期間は短い。中学生になってすぐにやめ、やや疎遠になっていた。私も長いこと会う機会がなかった。

 

最初は、同年齢の2人連れと思えた。当時、若い女性の間では、細い肩紐で薄い布を吊るした、下着のような服が流行していた(キャミソールというらしい)。2人ともこれを着ており、そして(これも細長い紐で吊る)流行のバッグを肩から下げていた。ペアルックである。

 

母親は別人に見えた。見かけに騙されやすい私の目には、昔より10年近く若返って見えた。 今やオトメより入念な化粧を施し、もちろん口紅はしっかりつけている。 

 

彼女達は私達の姿を認めると、かすかに会釈して遠ざかって行った。

 

 

私達はこのとき・・・会は完全に消滅したのだ・・・と実感した。

 

 

 

捕獲電子の力

 

集団にとって、外部からの影響は危険である。新たに持ち込まれた価値観が集団の理念を蝕み、集団の存続の意味が失われ始める。

 

気が付いた時には・・・と書きたいところだが、オトメの場合、周囲の人々は最後まで、気が付いていなかったのではないか。

 

彼女は集団の中で積極的に交流するタイプではない。単に存在するだけで、あまり意思表示をしない。たまに、間の悪いタイミングで笑う程度である(笑うしかないからだそうだが)。

 

しかし影響力は、なぜか大きい。

 

私の周辺では、私が影響を与えようとすると、意地になって自分の姿勢を貫く人々が多い気がする(学生を含めてである)。

彼女の周辺では、知らぬ間に人々のベクトルが異なる方向を向き始める。必ずしも彼女と同じ方向ではないが・・・

 

不思議な力である。否定するのではなく、体験させるからであろうか。

 

そして、理念で固く結ばれていたはずの集団は、いつの間にか、自由人の集まりに分解されている。

 

たった1つの小さな軌道電子を捕獲したことにより、原子核の崩壊が起こるようなものである。

 

 

 

それから暫くして、西側諸国の情報が浸透したソヴィエトや東欧諸国で、次々と体制の崩壊が始まった。

 

(完) 

ヒトと集団3 ー オトメの場合(後編1)

前編2から続く 

 

前回は私達が住宅を手に入れた経緯の説明が長くなり、やや脱線してしまったが・・・

 

話を元に戻そう。

 

 

転機

 

大学教官夫人の会において、オトメの影響は、最初の段階から少しずつ始まっていたと思われるが、後から考えると、私達の住宅の購入が、大きな転換点だったように思える。

  

住宅の見学会が行われたことは前回の記事に書いたが、この後、会のメンバーの何人かは、見学会をコンダクトした環境派の建築家とともに、新居の検討を始めていた。

 

しかし、私達の購入した家を見た時、会のメンバーの動揺は激しかった。

 

元々が「見かけ重視」のモデルハウスである。さらに、大々的に宣伝したイベントだったので、会社は宣伝の続きとして、内装をヴァージョンアップした。これに対して、べニア板が剥き出しの壁では、昭和初期のレベルと言える。そしてシステムキッチンを始めとするメーカー仕様の各種設備は、建築家の主張する「見かけより実質」の説得力を、完全に失わせた。

 

実際に彼に設計を依頼し、施工まで進んだのは、医者の家族の1軒だけであった。これは大変大きな家になった。建築家の主張通り、リビングの中央付近に階段が作られたが、それでも邪魔にならない大きさである。他の人々は退職後の転居や(当時は高かった)金利負担も考え、蓄えの範囲でローンを組まずに購入できる中古住宅に興味を移した。

 

大口の仕事を取り損ねた建築家にとっては、大きな痛手であった。

 

 

 

ライフスタイルの多様化

 

私達の家が完成し、オトメがそこでピアノを教え始めるようになると、会のメンバーの何人かは、子供たちにレッスンを受けさせるようになった。そして何人かの母親は、自身も生徒としてレッスンを受け始めた。

 

それを見て、

 

  「そんなに一生懸命、お稽古ごとして、これからどこへ御嫁に行くつもり?」

 

とからかうメンバーもいたが・・・

 

やがてオトメは、第1回目の発表会を開催した。息子のカメも出演するので私も見学したが、この時、会と無関係に入門した生徒(とくに女の子)は、いずれも華やかな「ステージ衣装」で登場した。オトメの指導ではなく、保護者たちの自発的な行動である。私にとっては見慣れた光景であったが、会の人々の目には、無駄な出費と映ったかもしれない。

 

しかし2回目からは、大人の生徒たちも、何人かが発表会に参加するようになった。すると写真撮影もあり、ビデオ録画もある。さすがに彼女たちも、ジーンズでステージに上がることは控えた。子供たちにも、それなりの「よそ行き」姿をさせた。

 

 

発表会だけではない。しばらくするとオトメは、生徒たちをジュニアコンクールに定期的に出場させるようになった。予選は地元で行われるが、出場者の何人かは本選まで進む。生徒の父兄やその友人も会場に足を運び、雰囲気に馴染んだ。

 

 

要するにオトメを中継点として、会の人々と外部の人々との交流が始まった。このような影響から、会の人々の意識が少しずつ変わりはじめ、ライフスタイルにも変化が生じた。とくに団体行動より、美術館での鑑賞など、個人で楽しむ行動が増えて行った。ピアノを習い始めた人々は、それまでと異なる人生の楽しみ方を体験した。何人かは今でも楽器を続けている。

 

直接的な交流だけでなく、子供たちを通じた間接的な影響もあったかもしれない。オトメは、レッスンの時は普段着ではなく服装を整え、学ぶ場としての意識を持たせる。父兄も、同伴する時は服装を整えていた。

 

私の記憶では、この頃には、会の人々は普通に口紅を使用するようになっていたように思う。オトメはさらに、装身具を身に付けることもある。以前は口紅を拭き取られるほどであったから、安物の装身具などは「虚飾」の最たるものと言えるが、彼女たちは次第に、それにも抵抗感を失くし、ブローチなども身に付けるようになった。

 

洋服や装身具を購入する際に、オトメにアドバイスを求める人もいた。ここで彼女は、スタイリストの能力を遺憾なく発揮した。実家の家業で培われた眼は確かである。高価なものでなくとも、本人の良さを引き出すものを選ぶ。年配の御婦人の何人かは、気品さえ醸し出すようになり、見事に変身した。

 

 

(続く)

 

 

ヒトと集団3 ー オトメの場合(前編2)

 

 

前回から続く

  

・・・オトメはどちらの会とも友好的に交流を続けた。

 

 

住宅と優先順位 

 

大学に赴任した当初、私達がオトメのピアノの置き場所に困り果てていたことは、別の記事に書いた。当初は借家を探していたが、ピアノを置ける貸家は全く見つからない。唯一見つかったのは医者の個人宅であり、家賃は非常に高く、かつ2年間という条件付きであった。

 

不動産屋を訪れるたびに、「購入されてはいかがですか」と言われ、「冗談じゃない」と思っていたが、いろいろ知るようになると、地方都市は借家の方が高くつく。これはどうやら、本当に買うしかないのか・・・と考え始めるようになった。頭金はゼロであったが・・・

 

大学教官の夫人が中心の会では、丁度この時、メンバーの何人かが、家の購入を考え始めていた。そこで1人が地元の建築家を連れて来て、彼が手がけた家を見学し、話を聞く機会が企画された。

 

ここで、私達と他のメンバーとの価値観の相違が、鮮明になった。

 

この建築家は、「家族の交流のため、階段はリビングの中央に作るべきだ」などをはじめとする、独特の主張を持っていた。またコスト削減とシックハウス対策のため、壁紙を貼らずに、薄いべニア板の表面を剥き出しのままにするなど、「見かけより実質」を強調する環境派であった。その考え方は、会にかなり浸透していた。

 

これらは残念ながら、私達の優先順位とは異なる。実質は重要であるが、私達は、見かけをあまり犠牲にできない見栄っ張りである。常に実質を優先する覚悟はできていない。

 

空気が絶えず流通する「呼吸する家」も彼の主張であったが、いくら健康に良いと勧められても、見学した家はいずれも、隙間風が絶えず入り込み、私達には(とくにこの地方では)寒すぎた。

 

家族間については・・・それまで階段のある家に暮らしていた期間も長いが、その位置とは関係なく、家族関係は良好であったように思う。いずれ破綻する時を迎えるものなら、階段の位置を変えて、どうにかなるものではないだろう。

 

それより私達は、家族関係にはプライバシーの確保が重要と思っている。息子が反抗期を迎える年頃になれば、なおさらであろう。喧嘩をした翌日にも無理やり顔を合わせるなら、むしろ関係を悪化させるかもしれない。

 

そもそも、この建築家は私達の最優先である防音の要望について全く耳を貸さないので、私達の家を任せる訳には行かなかった。

 

 

ある幸運

 

見学会の直後であるが、私達は週末の買い物に出て、ある住宅メーカのモデルハウスの近くを通りかかった。ここで中を覗き見た時が、別の記事に登場してもらった営業マン氏との最初の出会いであった。

 

私達がピアノで困っていると話をすると、「このモデルハウスは近く、大幅な割引で移築販売される」予定であり、そのための抽選が行われるので、応募してはどうか、と強く勧められた。

 

移築と言っても、鉄骨と付帯設備以外はすべてを新しくするので、新築と変わらないとのことである。間取りは変更できないが、1階の和室の広い床の間と大容量の収納をつぶせば、グランドピアノと応接セットを収容できる洋室がとれる。

 

抽選に外れた応募者には、新築すれば100万円の値引きが適用される。つまり、客引きセールである。

 

応募するためには、100万円のデポジットが必要であった。当選しなければこれは返却されるので、現金を用意できれば問題ない。しかしさらに、「この展示場物件を移築できる広さの土地を所有していること」が条件になっていた。私達は該当しなかった。

 

が、営業社員は「土地はあとで考えましょう」と言って、私達をこっそり応募者に加えてしまった。私は「万が一当選した場合には、ピアノを収容する部屋の防音を実費で請け負う」ことを約束してもらった上で、辛うじて100万円の現金を捻出した。それまで貯蓄をする余裕が殆ど無かった私達には大金であったが、赴任手当が前任地からの距離に比例していたので、これで何とかなった(地球を半周したので、ほぼ最高額が支給された)。

 

そして・・・オトメの神通力は、数十倍の倍率をも凌いだ。

 

    ちなみに、私達は金融機関から融資を得る上で、予想外の困難に直面した。当時、日本の

    銀行は融資の審査を行う際、現在の収入でなく、過去2年間の収入実績を重視していたが、

    私の英国での収入は基準に満たなかった。低賃金に加え、ポンドの暴落のためである。

    本来なら、この段階ですべて御破算になるところであったが、住宅会社はすでに当選者を

    発表しており、振り出しに戻すことを望まなかった。結局、重役の一人が個人的に保証人

    を引き受けることで、この会社のメインバンクから融資を受けることができた。

 

    その後会社は、新しい展示場物件を完成させ、このときオトメは、この重役から、宣伝の

    ための地元のテレビ番組へ出演することを依頼された。一回限りの無料出演であったが、

    多少の御恩返しができた。

 

 (続く)

2019年3月29日

 

 

        ひと口笑い話: 直訳のページ

 

      英語       訳

     He's gone.    彼はゴーンだ。

 

 

          注: 名は体を表す・・・

 

 

ヒトと集団3 ー オトメの場合(前編1)

  

 

集団の消滅過程については、第1回の記事に例を挙げ、また第2回の記事にも色々と理屈を並べたが・・・

 

もしかすると、オトメの超能力の一つに、集団を消滅させる力があるかもしれない、と思ったことがある。 以前の記事に書いたような、瞬殺能力ではないが・・・ 

 

目撃者として、その記録を残しておこう。

 

 

虚飾の口紅

 

私が日本の大学に赴任して間もなく、オトメは女性だけで構成された2つの会に誘われ、所属することになった。

 

どちらの団体にも、やや政治的な色彩があり、推している政党もあった。しかも左右に分かれている。

 

オトメがこの2つに同時に所属したことについては、さして驚かなかった。オトメ以外にそのような人がいたら、驚いたであろう。

 

音楽大学で学んだ天然の彼女は、政治色に全く気付かず、どちらも純粋に友好や交流を目的とした会であると思っていた。

 

 

このうちの一つは、大学教官の夫人が中心となった、互助会のようなものである。新任教官が着任すると、その奥さん方の面倒をよく見てくれる。おかげで私達の生活の立ち上がりは順調だった。オトメはピアノを教え始めたが、彼女のもとには、メンバーの紹介で良い生徒が集まった。

 

会としての日頃の活動は、子連れの遠足や地元陶芸家の作品見学会など、生活を楽しくするものが中心で、選挙の時にも特に誘いはなかった。しかし「環境問題」や「高齢化問題」などの勉強会を開催したり、講師を迎えた講演会を企画し、その内容には明らかな特徴があった。

 

オトメは単純に「とても勉強になる」と喜び、その方向性は全く気にしていなかった。

 

方向性は気にしていなかったが、オトメは、メンバーの人々が全く化粧気のないことに、やや違和感を感じていた。服装も、普段着としても飾り気が乏しすぎる。もう一方の会では逆の傾向であったが・・・

 

ある時、メンバーの一人が、「口紅を試しに使ってみたら、御主人に『それは虚飾だ!』と叱られ、拭き取られた」という話をした。オトメは思わず吹き出してしまい、座が白けて沈黙が続いた。

 

   「・・・それで、よく見たら、誰も口紅をしていないのよ・・・

    この会は、なんだか変だわ・・・ 

 

    陶芸の先生のお宅に伺ったときも、訪問着は私1人だけで、

    ほかの人は、まるで作業着だったのよ・・・

    それで、ほとんど挨拶もしないで、ずかずか入って行って・・・

    先生、驚いた様子で・・・ハラハラしたわ」

 

この時はじめて、私はオトメに、日本の大学は通常の社会に比べて左翼的であり、価値観・道徳観がかなり異なることを教えた。

 

   「どうりで・・・もう一つの会とは、随分違ってたのよね・・・

    勉強会の読み物なんかも・・・私は、どうしたらいいの・・・?」

 

   「別に・・・今まで通りでいいんじゃない? 

    みんな、普通の生活をしている人達だし・・・」

 

                ・

                ・

                ・

 

私自身は日頃から集団に属することを避けていたが、私には職場で(好むと好まざるとにかかわらず)日々の交流がある。オトメは新しい土地で孤独であってはいけない。そしてどちらの会も、同調圧力をかける行為は控えており、その点は良識的であったので、とくに心配はしなかった。

 

オトメが発言すると、やや驚かれることもあるが、友好的な雰囲気が壊れるまでには至らないそうである(あくまでも本人の主観であるが)。オトメはどちらの会とも友好的な関係を保った。

 

 

(続く)

 

 

 

2019年3月20日

 

 

 

ひと口笑い話: ミニ言語学33

 

     英語    中国語

        juice               汁

 

 注: もしかしたら正しい

 

ヒトと集団2 ー 集団の発生理由

 

 

人と集団1」から続く 

 

 

大学紛争の時代に、活動家学生の集団が、世界的な規模で発生した理由は何であろうか? そもそも、集団が発生するメカニズムは、どのようなものであろうか?

 

幼稚園でもサルの社会でも、集団は自然発生するので、これは文化人類学のテーマかもしれない。

 

私はノンポリであり、理系人間であるので、社会現象としてこれを理解することができない。身の周りの出来事として観察し、社会からはみ出した者の視点で、自己流に分析し、勝手に納得するのみである。

 

 

集団の目的と変貌  

 

一般に集団は、目的を持って結成される。集団の目的とメンバーの利益は、完全に別の場合も、完全に同一の場合もある。しかし多くの場合に、この2つは一つの集団内に共存しているように見える。とくに私には、両者を区別することが難しい。

 

集団のサイズは、集団を維持する力である。とくに発展期の集団では、人々を勧誘する際に、集団の目的と個人の利益の重なり部分を強調する。実際に集団は、しばしば、必ずしも集団の目的と関連しないメンバーの利益を守るようだ。

 

そして集団は、次第に利害を共通するメンバーが多くなり、利益共同体の性格が強まる。サイズの拡大とともにメンバーの利益を守る力は強力になり、その守る力が、集団を維持する力となる。

 

 

大学に入学した当初、私は正直なところ、活動家学生に対して、一定の範囲で、支持する感情を持っていた。たとえ意見は異なっていても、人間として尊敬できる人々を、入学前に何人か知っていた。が、入学して、集団としての実態を目の当たりにして、大いに失望した。全員ではないが、多くのメンバーが主義主張を自分の都合に合わせて利用する。私の政治的イデオロギーに対する拒否反応は、この体験から来ている。そしてこのような集団は、メンバーを守る力も弱く、簡単に消滅した。

  

前回の記事に登場した2人は、「授業料の値上げは、一度許すと繰り返され、いずれ貧乏人は高等教育を受けられなくなる」と主張した。

 

今になってみれば、それは実に正しかった。 今では国立大学の授業料は、当時の50倍にも達し、貧乏学生はアルバイトばかりで勉強どころではない。

 

彼等が日頃から勉学に励んでおり、その上で理念を真剣に語り、署名活動などを展開すれば、多くの人々が応じたであろう。活動に参加する新たなメンバーを獲得したかもしれない。だが彼等の行動の動機は、すでに掲げられた理念から離れ、それが人々の目にも明らかだった。

  

 

卒業後も職場や地域社会で、様々な集団に遭遇し、勧誘される機会があった。互助会のように、最初から相互利益を目的としている場合は良い。しかし何らかの理念を掲げる団体には、参加する気になれなかった。

  

  

集団の統制 

第一回目の記事に、社会で孤立した集団が引き起こした事件について書いた。このような事件はその後も、地下鉄サリン事件のように比較的大きな集団から、また数人程度の小さな集団まで、しばしば起こっている。これは日本国内に限らない。 

 

比較的大きいといっても、このような集団はほぼ例外なく、肩を寄せ合って互いに居場所を提供する、孤立した人々の集まりである。このような小集団が発生する背後には、「属さないこと」に対する人々の不安感があると推測する。

 

集団が崩れ去り、居場所を失うという恐怖は、集団を守る力となる。このような集団では同調圧力の域を越えた統制が行われがちである。マインドコントロールもその一種であろう。

 

学校での「いじめの構図」などを見ると、この不安感は、人によっては非常に強いようだ。社会から「いじめ」を根絶するには、個人個人が「属さなければならない」という呪縛から、解き放される必要があるのだろう。一人の時間を有意義に、楽しく過ごすことを、学校でも、様々な方法で体験させる必要があるのではないか。その上ではじめて、他者との距離を適切に保つことを学ぶことができる。

 

たとえ集団を形成しても、それは全体の中では孤立した、小さい集団かもしれない。そしてその中で多数の意見であっても、外部の世界では、受け入れられない考えかもしれない。とくに、そこで不適切な同調圧力があれば、外部の世界では批判の対象となる。そのことを、子供のうちに教える必要がある。

 

 

集団と市民生活 

一般には、利害を同じくする人々の集団を否定する理由はない。企業は経済活動を行う集団であるから、これは当然、利害を同じくする人々の集まりである。そして社会には多数の企業があり、そのいずれかに、殆どの人々が属している。

 

企業内の活動においては、職制上の上下関係が存在し、活動目的に沿った管理・運営が行われる。言い替えれば統制である。そして企業間には、慣習的な商道徳が存在し、法も整備されている。要するに、企業の一員としての活動は、市民生活そのものである。

 

国家も巨大企業に類似する存在と言える。十分とは言い難いが、ここにも国際法があり、調停機関としての国連が存在する。

 

 

しかし、その他の自然発生的な任意集団の多くについては、法的な規制がない。利潤の追求を掲げていないからであろう。そして、集団内の組織づくりにおいても、明確なルールや指針がある訳ではない。

 

しかし、ひとたび集団が形成されれば、必ずしも経済的な利害ではなくとも、何らかの利害関係が発生するのが常である。そのため、何らかの統制が始まる。

 

ルールは無くとも、集団は個々のメンバーに対して、集団の利益を守る行動を要求する。これは、ある程度まで避けられない。その結果、志で結ばれていた集団は、いつしか利害で結ばれる集団に変貌する可能性を秘める。ここでしばしば、同調圧力が重要な役割を果たす。そこでは、実態は利害でありながら、それを格調高い理念でカモフラージュする「正論」が支配する。

 

政党や宗教団体のような、志を同じくする者の集まりは、本来は利害を同じくする者の集まりではない。だが、志と利害を明確に区別できる場合は必ずしも多くない。さらに、区別できる場合でも、そこで公正さを保てる人は少ない。 

 

そして統制を維持するために上下関係が形成され・・・さらに集団の利益を脅かす外部に対して攻撃的に・・・

  

前回に続いて、また過激なコメントになりそうなので、控えよう。

 

 

 

集団の幸福度 

企業の一員としての活動は市民生活そのものであると書いたが、言うまでもなく、市民生活は無制限に自由ではない。市民生活を営む限り、集団から完全に離れることは不可能である。しかし私は自分の利害より時々の心情を優先してしまう人間なので、統制の論理には馴染めず、なるべく集団に属さず、個人の自由を確保するように努めてきた。それがある程度可能な職業であったことは幸運であったが・・・ 

 

集団の中で息苦しく感じるのは、私だけではないように思う。一般に、日本の社会は、あらゆる集団において統制が強すぎる。そのため、市民生活の幸福度が高いように見えない。そして統制に伴って、多くの「無意味な仕事」が発生している。この点は、これまで色々な記事に書いて来た。若い世代の人々の間に、これを変えようとする意識が高まっていることは心強い。

 

 

 

ただ、私は人間嫌いではない。

私は同好会のような、利害や管理とは無縁な集いを好む。  

現在開いている物理学サロンは、とても楽しい。

 

近頃では、スポーツのサークルやクラブ、アマチュアオーケストラなど、このような同好のサークルが盛んである。これは人生を豊かにし、大変素晴らしいと思う。このような活動は、もっと広まって欲しい。

 

 

残念ながら、このようなサークルでも、しばしば空中分解が起こる。原因は色々あるのだろうが、その一つとして、利害で結ばれる集団しか知らない人々が、これをマネージするやり方を持ち込み、それが人間関係を悪くさせているケースがあるようだ。 空中分解には至らずとも、少なくともこれは、優良なメンバーを失い、集団の目的を損なう原因となる。

 

統制されるのは、職場だけで十分であろう。私達の社会では、利害や管理と無縁な集いを奨励し、これを育てる経験を積み重ねる必要があるのではないだろうか。ノンポリの私が言うのはおこがましいが、その土台が無ければ、民主政治も成熟しないように思える。

 

 (続く)